読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない女のひとり旅

海外ひとり旅歴14年、焦燥感に駆られて旅に出ます

エミレーツ航空の送迎サービスその2ブダペスト空港→ホテル編

2015年8月中欧3ヶ国 エアライン お得が好き
画像:Wikipedia

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/83/Terminál_2_-_Ferihegy%2C_2015.07.27.JPG

羽田を発ってから約20時間、ようやくブダペストのリスト・フェレンツ国際空港に到着しました。長かった…。

 

Google マップ

 

コンパクトな空港ですね。

エミレーツ航空はターミナル2B到着。

到着階のターンテーブルは4台しかありません。

税関の手前にATMがありました。

お迎えの車に乗る前にハンガリー・フォリントを手に入れねば。

 

www.emirates.com

 

dasola.hatenablog.com

 

無事にハンガリー・フォリントをゲットしてひと安心。

自動ドアを抜けて到着ロビーへ出たら、そこには… 

ネームプレートを掲げたお迎えのおじさんたちの群れ!

20人以上は居たと思います。

口々に名前を呼ばわっているのですが、皆が一斉に発声しているのでまったく聞き取れません。

ひとりのおじさんが私の顔を見ながら「Japanese?」と聞くので、「Yes.」と答えました。

するとそのおじさんは誰かを呼んでいます。

呼ばれて前に出てきたのは私よりも小柄なおじさん。

彼が胸の前に掲げていたネームプレートには私の名前が。

きっと「お前の客のJapaneseだぞ!」って教えてあげたんでしょう。

同業者どうしの助け合い(?)なんですね。

https://assets.rewardexpert.com/blog/wp-content/uploads/2014/11/emirates11.jpg

こういうイメージだったんですが、ちょっと違った(笑)

 

小柄なおじさんは顔中シワだらけにしてにっこり笑いながら「Hello!」と言って、私のキャリーバッグを受け取り先に立って歩き出します。

後を付いて行く私。

おじさん、50代いや60代かな?

お迎えの車は黒の中型ベンツでした。

駐車場で長いこと停まっていたせいなのか、車の中は結構暑かった。

喉が渇いたのでボトルホルダーに置いてあったエビアンを頂きました。(当然冷えてなかった)

  

車中ではおじさんも私も終始無言。

たぶん英語はそんなに得意じゃない(私もだけど)のかなと思います。

30分程でホテルに到着。

キャリーバッグをホテルの入口まで運ぶと、お礼を言う私に「Have a nice day!」と言っておじさんは去っていきました。