読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない女のひとり旅

海外ひとり旅歴14年、焦燥感に駆られて旅に出ます

チャイナエアライン CI107 成田NRT-台北TPE ビジネスクラス

2016年5月シンガポール エアライン

今月2度めのチャイナエアライン搭乗です。

成田便は初めて、今回はビジネスクラスを予約しました。往復で4フライトすべてバルクヘッド席、窓側1Kを座席指定。

 

f:id:dasola:20160524200501j:plain

ビジネスクラスの搭乗率は8割くらい、お隣は空席でした。

 

f:id:dasola:20160524200508j:plain

アメニティはスリッパのみです。

 

f:id:dasola:20160524200502j:plain

窓側のバルクヘッド席はプライベート感があって好きです。ブランケットは厚手で肌触りがよく、すっかり気に入りました。

残念ながら旧型シート、フットレストの上がり具合は全然物足りない。

 

f:id:dasola:20160524200503j:plain

コントローラー。

 

f:id:dasola:20160524200509j:plain

緑のランプが付いているときは充電可能、USBも使えます。

 

f:id:dasola:20160524200504j:plain

ウェルカムドリンクはオレンジジュース、アップルジュース、ミネラルウォーターの三択、アップルジュースをお願いしました。

 

f:id:dasola:20160524202527j:plain

ドリンクサービスは離陸後30分ほど経ってから。離陸前にオーダーしたシャンパンがグラスに注いだ状態で運ばれてきました。

ムタール・ペール・エ・フィス・キュヴェ・プレステージ・ブリュット。

 

www.wine-searcher.com


残念なことに抜栓してから結構時間が経った感じで、泡がほとんどない。

酸味が強いですが、なんだかぼんやりした味です。

 

f:id:dasola:20160526191425p:plain

食事はチキン・ビーフ・魚の三択。あらかじめチャイナエアラインのサイトで魚料理を予約をしてあります。

 

f:id:dasola:20160524200507j:plain

鰆の西京焼き。ひょうたん型の箸置きが可愛い♡

 

f:id:dasola:20160524200500j:plain

デザートはフルーツ盛り合わせとケーキ又はアイスクリームからの選択。

ハーゲンダッツなのは嬉しいけれど、どうしてバニラだけなんでしょう? 他の種類もあればいいのに。

 

f:id:dasola:20160524200505j:plain

いつも食後はコーヒー。

シャンパンは残念でしたが、食事はなかなかおいしかったです。特に鰆はふっくらと蒸したような焼き上がりでした。

お味噌汁も某欧州系航空会社よりはちゃんとお味噌の味がしました。

チャイナエアラインのCAは若くてスリムな美人ばかり、だけど粗忽。

なーんて思っていたけれど、必ずしもそうでは無いということがこのフライトで判りました。

ビジネスクラスのCAのみなさんは見るからにベテランでがっちり体型、物腰も落ち着いていました。

頼まないとワインを注ぎに来ない某中東系航空会社のCAとは違って、グラスが空になるとお代わりを聞いてくれたり、至極まっとうなサービスでした。

 

フライトデータ

航空会社:チャイナエアライン

便名:CI107

搭乗日:2016/05/19

路線:成田(東京) → 桃園(台北)

機体記号:B-18309

機材:Airbus A330-302

座席番号:1K

搭乗クラス:ビジネス