群れない女のひとり旅

海外ひとり旅歴14年、焦燥感に駆られて旅に出ます

チャイナエアライン CI103 成田NRT-高雄KHH

f:id:dasola:20170101135247j:plain

1時間ほど経つとラウンジ内もかなり混み合ってきました。

少し早いですがゲートへ移動することしましょう。

CI103便は93ゲート、サテライトからの出発です。

 

f:id:dasola:20170101135813j:plain

お正月らしく飾りつけられています。

 

f:id:dasola:20170101141230j:plain

搭乗開始予定時刻は14:25です。

搭乗待合席が満席でしたのでお隣の91ゲートで待ちます。

やがて優先搭乗のアナウンスがあったので搭乗口へ。

ところがモバイル搭乗券をセンサーにかざすとエラー、やはりパスポートチェックを受けました。

結局モバイル搭乗券があってもカウンターに寄らないといろいろと不便ですね。

 

f:id:dasola:20170101142525j:plain

CI103便は2クラス、小さい機体なので入口は一緒。

 

f:id:dasola:20170101143343j:plain

機体番号から調べてみたら登録されたのが2013年5月でした。

 

f:id:dasola:20170101143300j:plain

毎日のようにチャイナエアラインのサイトで空席照会をして確保したバルクヘッド席。

エコノミーでも足元が楽々です。

ただシートポケットの中を探してもスリッパが見つかりませんでした。

去年のフライトではエコノミークラスでも常にスリッパが用意されてあったのに…。

 

dasola.hatenablog.com

 

dasola.hatenablog.com

 

f:id:dasola:20170101145330j:plain

機内エンターテイメントガイドは「君の名は」が表紙になってました。

しかしパーソナルモニターがないのでプログラムを自由に選択できません。残念です。


f:id:dasola:20170101150853j:plain

離陸準備に入り、モニターが格納されました。

 

f:id:dasola:20170101171526j:plain

コールボタンは天井にあります。

 

f:id:dasola:20170101143603j:plain

食事の時間に合わせて上映された映画はティム・バートン監督の「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」でした。

 

f:id:dasola:20170101154335j:plain

食事はチキンとお魚の二択。これはお魚です。

よく分からない白身のお魚のフリッターに甘酢あんがかかっています。

サイドメニューはマカロニサラダと卵焼きと昆布巻き。

まずくはないですが、とりたてておいしくもなく。

ごはんは表面がカチカチでお団子のようになっていたのでパンを頂きました。

 

ちなみにチャイナエアラインのカトラリーにお箸は入っていません。

台湾もお箸の国なのに…と思うのですが。私は割り箸を持参しています。

あ、でも去年のフライトで和食を頼んだ時にはお箸が用意されていましたっけ。

 

dasola.hatenablog.com

 

f:id:dasola:20170101154247j:plain

ドリンクは台湾ビール、チャイナエアラインのロゴ入り。

 

f:id:dasola:20170101180010j:plain

到着まであと少し。

 

f:id:dasola:20170101175825j:plain

定刻より10分あまり早く高雄国際空港へ到着しました。 

 

フライトデータ

航空会社:チャイナエアライン

便名:CI103

搭乗日:2017/01/01

路線:成田(東京) → 高雄

機体記号:B-18652

機材:Boeing 737-800

座席番号:6A

搭乗クラス:エコノミー