群れない女のひとり旅

海外ひとり旅歴14年、焦燥感に駆られて旅に出ます

高雄国際空港で中華電信のプリペイドSIMカードを購入する

f:id:dasola:20170101192433j:plain

定刻より少し早く高雄国際空港へ到着しました。

外はもうすっかり暗くなっています。

入国審査は少しだけ待ちましたが、それほど混雑もなくすんなり済みました。

 

f:id:dasola:20170101183343j:plain

到着ロビーへ出ると正面に中華電信のカウンターがありました。ここでプリペイドSIMカードを購入します。

 

中華電信 3G/4Gプリペイドカード

 

設定はおまかせで

 

3泊4日の日程なので3日間有効のSIMカードに決めていました。

カウンターのお姉さんに向かって中国語と英語のごちゃまぜで話しかけます。

私:「你好! 3 Day Pass, please.」

お姉さん:「Do you have a SIM free phone?」

私:「Yes.」

すでにSIMカードを抜いてあったiPhoneを渡します。

お姉さん:(申込用紙を示しながら)「You sign here, here and here. Passport, please.」

パスポートを渡して、指示された3ヶ所にサインをします。

その間にお姉さんはパスポートを確認し、慣れた手つきでSIMカードセットして設定を始めます。

お姉さん:(パスポートとiPhoneを渡しながら)「300 NTD.」

100元札を3枚渡して完了。この間5分もかかっていません。あっという間でした。

 

f:id:dasola:20170101183438j:plain

さあ、地下鉄に乗ってホテルへ向かいましょう。

 

ちなみに。

 

f:id:dasola:20170101190851j:plain

ホテルに着いてから撮ったスクショ。キャリアが中華電信になっています。

 

f:id:dasola:20170108082645j:plain

100元の通話料が含まれていますが、使いませんでした。

 

f:id:dasola:20170108082409j:plain

裏面には中華電信から割り当てられた電話番号が記載されています。

 

SIMピンを忘れた!

 

ところで今回私がやらかした凡ミス。それは…

f:id:dasola:20170113194131j:plain

そうです、SIMピン。これを持ってくるのを忘れました(^_^;

飛行機の中で気がついたんですがそれじゃ遅いですよねー。

購入したときには取り替えごとお任せしてしまえばいいけれど、使い終わったSIMカードを抜くときはどうしよう⁈って話です。

この状況で代用品として思いつくものと言ったら…と考えて思い当たったのが安全ピンです。

旅行の際には小さいダブルクリップと安全ピンを常備していますので、機内で試してみると無事に開けることができました。

代用品としてはゼムクリップが最適らしいです。( 実は📎も持ってましたが、そこに気が回らなかった)

次回はちゃんと持っていくように気をつけたいですね。