読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない女のひとり旅

海外ひとり旅歴14年、焦燥感に駆られて旅に出ます

旗后活海產で旗津名物新鮮シーフードを食べる

2017年1月高雄 グルメ 観光スポット

旗津までやって来たのは新鮮シーフードをいただくのが目的です。

11時を過ぎたので少し早いですがランチにすることにしました。 

たくさんあるお店の中から最初にやってきたのは「旗津海產店」。

 

f:id:dasola:20170103110103j:plain

しかしお店のおばさんは言葉の通じる大陸からのお客ばかりを相手にしていて、私は全く無視されてしまいました。

言葉の壁は厚い…。

 

f:id:dasola:20170103115223j:plain

お店にこだわりはないのでお隣の「旗后活海產」へ移動します。

 

f:id:dasola:20170103115159j:plain

こちらは店先に立つとすぐにお姉さんが声をかけてくれました。

お姉さんは片言の日本語と英語ができたので、白魚と海老をオーダーすることにしました。

白魚はフライに、海老は茹でてもらいます。

貝も食べてみたかったのですが、ひとりだときっと食べきれないと思いましたので諦めました(T . T)

 

f:id:dasola:20170103110604j:plain

席に着くと運ばれてきたのがお皿、茶碗、お箸、お手拭き、プラスチックのコップ。

 

f:id:dasola:20170103110848j:plain

時間が早いのでまだ空いています。

 

f:id:dasola:20170103110438j:plain

飲み物は冷蔵庫から自分で取ってくるシステムという情報を得ていたので、私もビールを取ってきました。

 

f:id:dasola:20170103111318j:plain

ほどなくお料理が運ばれてきました。白魚のフライはお塩で、 茹でた海老は生姜醤油でいただきます。

 

f:id:dasola:20170103111358j:plain

サクサクの衣をまとった白魚はふんわり柔らか。ぷりぷりの海老は生姜醤油をつけてもいいけれど、そのままでも甘くておいしい。

 

f:id:dasola:20170103112005j:plain

ビールがすすみますなぁ。

 

f:id:dasola:20170103113424j:plain

食べ終わった頃にフルーツのサービスがありました。さっぱりした甘さで口直し。 

お腹いっぱい食べて、お会計は白魚が120元≒¥444、海老が200元≒740、ビールが60元≒¥222、計380元≒¥1,406 でした。

 

Google マップ