読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない女のひとり旅

海外ひとり旅歴14年、焦燥感に駆られて旅に出ます

ハノイ・ノイ・バイ国際空港でVIETTELのSIMカードを購入する

2017年2月ハノイ 道具箱 空港

無事にハノイ・ノイ・バイ国際空港に到着しました。

イミグレーションはベトナム旅券のカウンターばかりが多くて、外国旅券のカウンターはなんと2つしか空いていません。

当然そこだけ長蛇の列ができています。仕方なくその列に並びました。

なんというか気が利かないというか、さすが社会主義国家ですなー。

 

f:id:dasola:20170218202559p:plain

さて、バゲージクレーム・税関を抜けてA1の出口から到着ロビーに出ました。

左側にツーリストインフォメーションとSIMカードを売っているショップが並んでいます。

どこも似たり寄ったりなので一番手前のショップに声をかけました。

 

f:id:dasola:20170218095553p:plain

私が購入しようとしたのは1番MOBIPHONEの200,000VNDのプラン。

しかしアオザイを着たお姉さんはしきりに2番のVIETTELを勧めます。

いつもの私ならば「じゃあ、いい。」と断って、次のショップへ行くのですが…。

今回は連れを待たせているし、しかもこの後お迎えの現地ガイドさんとの待ち合わせが控えています。

ここでグズグズしていられないという気持ちが働いて、結局2番で手を打ちました。

どんな状況でも自己を譲らない大陸の人並みの強いハートが欲しい…。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dasola/20170218/20170218001934.jpg

VIETTELのSIMカード。

ここではパスポートの提示を求められることも、書類にサインすることもありませんでした。 

 

dasola.hatenablog.com

 

高雄国際空港の中華電信とはちょっと違いますね。でも設定はすべてお姉さん任せなのは同じです。

250,000ドンを払って完了。

 

f:id:dasola:20170208124127j:plain

では、ガイドさんが待つ待ち合わせ場所に向かいましょう。