群れない女のひとり旅

Beatrice è sempre in viaggio da sola. 海外ひとり旅歴14年、焦燥感に駆られて旅に出ます

ドゥ・ハルヴ・マーン醸造所 De Halve Maan で道化師に出会う

ブルージュは快晴です。アントワープを発った時は雨模様だった空もブルージュに近づくにつれ明るくなり、すっかり晴れて青空になりました。

 

f:id:dasola:20171001162912j:plain

ホテルから徒歩2分、ワル広場 Walplein にやって来ました。オープンエアのカフェが賑わっています。こぢんまりとしたいい雰囲気の広場です。

 

f:id:dasola:20171001162916j:plain

運河には白鳥の姿。

 

f:id:dasola:20171001162920j:plain

橋から北側をのぞむと聖母教会 Onze-Lieve-Vrouwekerk が見えます。 もうすぐ20時ですが空はまだ明るい。夏のヨーロッパは陽が長く、日没は22時頃です。

 

f:id:dasola:20171001162902j:plain

ワル広場に面したブルージュ唯一のブリュワリー、ドゥ・ハルヴ・マーン醸造所の入口。「De Halve Maan」は英訳すると「The half Moon」、半月の意味。ここではブリュワリーの見学ツアーがあり、公式サイトで予約を受け付けています。

 

www.halvemaan.be

 

私はツアーには参加せずブリュワリーのレストランで夕食を取りつつビールを飲もうと、公式サイトを利用して日本から予約を入れていました。夕食が食べられるのは木曜から土曜の3日間だけ。

 

f:id:dasola:20171001162905j:plain

すでに見学ツアーは終わっている時間のせいか店内は思ったより空いています。ニュースペーパー風のメニューがおしゃれ。

 

f:id:dasola:20171001162853j:plain

15世紀末ブルゴーニュ領ネーデルランドの君主マクシミリアン1世(後の神聖ローマ帝国皇帝)がこの地を訪問した際に、浮かれ騒ぐ市民の様子を見て「ブルージュはバカばかりだ。」と言った故事に由来するビール「Brugse Zot」のラベルでおなじみの道化師。(Zot=Fool、つまり道化師)

 

f:id:dasola:20170813022014j:plain

コースメニュー。サーモンタルタルとムール貝をオーダーしたのですが残念なことにムール貝は売り切れ、しかたなくトマトのカルパッチョにしました。

 

f:id:dasola:20171001162847j:plain

お隣のテーブルの下ではジャックラッセルテリアがおやすみ中。イタリア人のカップルでローマから来たようでした。

 

f:id:dasola:20171001162924j:plain

まず1杯め。ブルッグス・ゾット・ブロンド Brugse Zot Blond ALC6.0%、その名の通り明るいゴールド。フルーティな味わいです。これならいくらでも飲めそう。 

 

f:id:dasola:20171001162927j:plain

サーモンタルタル。なかなか美しい盛り付けです。酸味の効いたさっぱりとした味付けがビールによく合います。

 

f:id:dasola:20171001162931j:plain

トマトのカルパッチョ。ほんとに切って並べただけでした(笑) ローストしたジャガイモはホクホクでおいしかった。

 

f:id:dasola:20171001162934j:plain

2杯めはブルッグス・ゾット・デュッペル Brugse Zot Dubbel ALC7.5%、ぶどうやプラムのような香りと風味があります。

 

f:id:dasola:20171001162900j:plain

あっという間に閉店時間の21時になり、もうひとつの看板ビールであるストラフェ・ヘンドリク Straffe Hendrik を飲み損ねてしまいました。買って帰って部屋で飲むことにします。

 

f:id:dasola:20171001162937j:plain

ワル広場も人が少なくなってきました。私もホテルへ戻ります。